All Posts from 4月, 2010

アイデアのなる木

4月 30th, 2010 | By admin in WEBマーケティング, 商用ホームページ | No Comments »

ki

先日、とある販売サイトの販促などのお仕事の話がありました。
まずは、今あるホームページ自体の手入れが必要なのですが、今あるものに手を加えるよりも、新しくはじめから作ったほうが、早く、コストもあまりかわらない場合があります。

たとえば、なんでしょう・・・
店のリフォーム、楽器のカスタマイズ・・・など。

店のリフォームの場合ですと、通常、構造的には、出入り口近くから、キャッシャーがあって、厨房があって、カウンターがあって、テーブル席があって、奥に座敷があって、トイレは少し目立たないところにあってと、大体決まっています。

もし、トイレの横に厨房があったり、出入り口にすぐ座敷があったりしたら使いづらいので困ります。これは構造、骨組み自体を変えないといけないレベルです。

楽器の場合ですと、
たとえば、ギターの部品を変えてみて音が良くなることがあります。
良い弦を張ったり、エレキだとピックアップというマイク部分を交換したり、ブリッジを変えたりすることで、楽器のポテンシャルを引き出すことが出来ます。

ですが、プロの音と同じ音が出したかったり、理想とする音に近づけるためには、どれだけがんばって部品を交換しても、本体ボディーである木が合板であったり、あまり鳴らない木であれば、もう、限界があります。新しくそのプロと同じスペックのをギターを買わないといけません。

あ、パソコンでいうとわかりやすいですね。
マザーボードが低スペックなものに、いくらよいグラフィックボードやCPUを積んでも、限界があります。新しくパソコンを自作したほうが、早いですし、コストも変わらず高機能にできます。

でも、こういうことは当たり前です。
「お金があったらできる」のです。
そうです。問題は、費用対効果です。予算がないのにいろいろできません。
もっとお金をかける部分は他にもたくさんあります。

では、どうするか。
やりかたはいろいろあります。
お金がない場合は、頭と時間を使います。
遣り方を変えます。段階を踏んでやっていきます。

人間、やっぱり効果がでないのに続けるのはしんどいですし、楽しくありません。
少しずつ時間をかけてやっていきます。はじめにお金がかけられない場合は、少し手を加えて、効果を出します。効果があるほうには、お金をかけやすくなります。
お金を出すほうもいきなりはリスクが高く感じます。

販売サイトはカートのシステムが必要になりますし、それ以外にも広告や、マーケティングなど、現実の店舗を運営するぐらいの労力が必要になってきます。変更した結果がすぐに現れることはありません。アクセス数が徐々に上がっていきます。

アイデアがいろいろとあるのですが、
今日はなんだか頭の中がまとまらないので、ブログに書いてみました。

お客様とWebサイトをつくりあげるのに大切なこと

4月 28th, 2010 | By admin in 打ち合わせ | No Comments »

mono2

めずらしく仕事の打ち合わせ風景を掲載してみます。

webサイト制作、ホームページ制作といってもパソコンばかりで進行するのではなくて、プリントアウトした紙を使ったりします。あたりまえのようですが、紙は直接書き込んだりできるので便利です。机が広いとそれぞれのページを並べて俯瞰して確認できるので便利で、お客様にもわかりやすく伝わりやすくなります。

ここはこうして、ここはああして、という風にお客様と紙で、確認し合いながら決定していきます。その時にいろいろ情報交換ができるのでWeb制作に打ち合わせは欠かせません。
ついつい、メールで済ませてしまいがちなこともお互い時間をとって顔を突き合わせて、つくっていくことが何よりも大切です。

また、生の声が聞けますし、そして、時間を共有することで意思の疎通がより短時間でスムースになります。
全然関係ないお話からもお客様の好みや考え方が感じ取れたりします。

自分「ここのメニューの言葉はこれであってますか?(これで違和感ないですか?)」
お客さん「うーん、これの方がいいかな。これもあるなー。」

と、やはり、言葉には、その職種の業界の独自の意味合いなどがあるので、そこは確認しないとわかりません。簡単なことですが、メールや電話ではやはり無理があります。
それこそ、ページの大きさなど実際のサイズなどがわからなかったり、”わかったつもり”、”伝えたつもり”で変な方向に進んでいったりします。

「ここの部分はプライオリティ(優先順位)は低くていいですよ。」
こんな風に言ってもらえると、制作側としては本当にわかりやすくて助かります。

実際にWeb制作のこと以外のことも話したりすることで、徐々に空気が和んだり。
忙しさにかまけて、じっとPCの前で制作に没頭していては、仕事は半分です。お客さんのところへできるだけ足を運ぼうと思いました。

結局、自分の仕事はWebサイト、ホームページをつくることだけが仕事ではないと感じました。「お客様といっしょにつくっていく」という新しい原動力をみつけたような気がします。自分の仕事の価値をもっと高めていきたいと思いました。

打ち合わせ先で面白いものを見つけました。
これ、何かわかりますか?
orenge2

すごくかわいかったので、写真を撮らせてもらいました。
じっくり見ているとあることに気付かされます。
「昔に帰ろう」とー。
この写真じゃわかりにくいかな?
ore2