携帯サイト制作しました。携帯サイトは集客方法のひとつです。

28 7月 2010 | By admin in WEBマーケティング, デザイン, 制作事例

20100728_1068217

携帯サイトを作成しています。
宇治六地蔵付近にある、まつげパーマや、カルジェルや、フェイシャルなどをやっておられるハッピココというお店です。

今度、看板を新しくされるらしく、携帯サイトを新たに制作し、その看板にQRコードを載せて、携帯から携帯サイトに誘導するという構図です。

携帯サイトは、PCサイトよりもどちらというと集客に向いているかもしれません。

PCサイトは詳しく詳細までじっくり見られますが、携帯サイトは、キャンペーン、クーポンや、メルマガ配信といった集客手法がより身近で、より直接的でクイックな反応が見られるかと思います。

外出先でも肌身離さず持っていますもんね。

さて、携帯サイトはキャリアによって表示が違うので、一番縛りがキツいといわれるドコモに合わせて作るのが無難です。

代表的な違いは幅が240ピクセル、1ページあたりのサイズは50kBぐらい。自ずと画像サイズも小さく(=粗く、軽く)なります。

特徴的なのは半角カタカナの使い方。1行でおさめる感じがすっきり見やすいのですが、カタカナは半角で表示させます。これがPCサイトとは決定的に違います。

ですが、目的を達成するためのサイトの構成やデザイン、SEOやソースコードの記述の考え方はPCサイトと同じです。

むしろ、制限や縛りが多い分、コアな部分のみになります。それがはっきりしていて、根本的でプリミティブな部分だけが残ります。

PCサイトの場合は、構成もページ数など携帯サイトほど気にせずにつくれます。
ですが、その分、明らかに迷いを誘発するようなグローバルメニューの数の多さや、サイトの情報の全体が俯瞰しずらくなったり、サイトの目的も複数設けることによりひとつひとつが薄れてしまったり、情報も埋もれてしまいがちになります。

商材や客層によって違いますが、やはり、PCサイト、携帯サイト、紙媒体などうまく使い分け平行して使って行くのが良いですね。みなさんそうですが、繁盛しておられるクライアントさんほど、熱心に考えられています。

Leave a Comment