京都市左京区、北区、上京区の不動産 ERA 株式会社TOYOGI(トヨギ)様HPオープンしました。

03 11月 2009 | By admin in デザイン, 制作事例
ERA不動産 京都 TOYOGI(トヨギ)

ERA不動産 京都 TOYOGI(トヨギ)

先日、京都の左京区の不動産、TOYOGI(トヨギ)様のホームページがオープンしました。
まだ、生まれたてのホームページですが、これからどんどん更新されていって、良いホームページに育っていくのがとても楽しみです。

このホームページを制作するにあたって、一番考えたことがあります。それは、「訪問者に信頼と親しみを持ってもらえるホームページ」です。

*まずはお客様(訪問者)のインターネットの行動を想定してみました。
まず、不動産、特に家の購入を考えられている人は、多くの方が一生に一度の大きな買い物になるので、真剣に探されています。インターネット検索で、不動産を検索される場合は、「○○(地域) 不動産」という検索キーワードが多いかと思います。部屋数などの条件も追加してみたりします。
それから、ポータルサイトの存在に気がつき、ヤフー不動産、アットホーム、ホームズなどのポータルサイトを探されると思います。そして、気に行った物件をいくつかピックアップします。つぎに、その物件を取り扱っている不動産会社はどのようなところか?という疑問が浮かび、不動産会社を調べます。この段階で、お客様はすでにその物件を気に入っているので、買う気(購買意欲)は、かなり高まっているといえます。そうしてこられた、お客様をお迎えするのが、ホームページです。そこで、「信頼と親しみ」いった印象を持って頂けるようなホームページにしようと考えました。もちろん、広告経由で来られる方もいらっしゃると思います。

*次にホームページの内容と最適な制作方法を考えました。
左京区、北区、上京区の不動産、TOYOGI(トヨギ)様
は、地元密着型の不動産会社ですので、「親しみ」を感じられるようにイラストも掲載されています。単純なようですが、イラストがあることで印象がやわらかくなります。デザインに関しては、企業サイト、コーポレートサイトのような、見た目がきれいなだけの無機質なサイトデザインは避けました。
僕もそうなんですが、家は何回も買うものではないですし、ほとんどの方が慣れていらっしゃらない。そして、不安です。何が不安かというと、いい物件を購入できるかどうかです。不動産会社にそれほど良くない物件をいいように説明され、高く買ってしまうなど最悪なことにならないかが不安です。その不安を解消するためにも、よくある無機質なきれいなだけのデザインは今回避けました。「親しみ」や「親切」、「親身」などのTOYOGIさんが持っている印象を伝えられないからです。

*最適なデザイン

大抵の場合、ホームページ制作会社の中で働いているデザイナーは、ほとんどお客様と話す機会がありません。ディレクターやプランナーが営業窓口となっているからです。ですので、得てして、無難な見た目キレイなだけの、あまり印象のないホームページのデザインが出来上がってしまうのです。名前の通っている一流上場企業のホームページならそれで良いでしょう。ですが、地元で地域密着の企業や店舗や職種によっては、それが最適とは言えません。逆に遠ざけてしまう場合もあります。自分の作ったの?というようなサイトでも、ある種の信頼を得ることは可能です。見せる側の伝える内容と見る側の知りたいことのバランスを整えるのがホームページ制作の仕事だと考えています。TOYOGI様の場合は、伝える内容が「いい物件と親切・親身なサービスがあり、満足してもらうことができます。」ということで、お客様が知りたいことは「この会社でいい家を買うことができるか?」です。ドラッカーの考え方でいうならこういう感じでしょうか。

*ホームページは何の為にあるのか?という疑問

僕は個人としては、規模、職種にもよりますが、自分の会社を一番率直に表現できるのは社長様、もしくは売ってこられた方だと思います。総務部やシステム情報部や技術者や経理部ではありません。お客さまと直接、意見を聞いたり、一番自社の商品を知っており、売ってきた、売り方を知っているのは、これまで会社を成長させてこられた方だと思います。本来なら、売りたい方がご自身でホームページを作られるのが一番いいのですが、それは無理ですから、そこは、餅は餅屋じゃないですが、表現の仕方、見せ方、魅せ方、インターネットの特性など知っているホームページ制作者がお手伝いして、協力するのがベターなやり方だと考えています。この順序を間違えてしまうと、商品の魅力も売り方も何も知らないデザイナーが先にデザインありきで制作してしまうことになりかねません。

*素晴らしいホームページ

以前、椅子の座面を張り替えたときに、ネットで検索して出てきた会社のホームページが、親切、丁寧で、客のかゆいところに手が届くといった感じで、大変素晴らしかったので、すぐにそこに決め発注しました。いつもは何社か選んでじっくり選定するのですが、すぐにそこに決めました。たぶん、たくさん受注があるのだろうなという活気みたいなものも感じました。そこで、椅子のシートを買ったお礼も兼ねてメールで尋ねてみました。「素晴らしいホームページですね。私はホームページ制作にかかわる仕事をしておりますが、参考の為に聞かせていただきたいのですが、どこのホームページ制作会社で作成されたのですか?」
すると、数日してから意外な返事が返ってきました。
「もともと数年前から、自分で作ってきました。規模を大きくした際、商品検索システムを導入した部分以外は、すべて自分でやってきました。少しずつ改善、改善、リニューアルを何度も繰り返して、ここまできました。」
やっぱりそうなんだ、と確信しました。ここまで到達されるまでにどれほどの苦労と研究があったか想像すると気持が熱くなりました。

*打ち合わせは、真剣に内容を詰めました

不動産の購入に対して、疑問や購入のながれ、アドバイスもホームページ上に掲載されています。そうすることで、TOYOGI様が親切で親身な不動産会社だということを感じて頂ければと思います。
また、物件の詳細ページでは、写真をたくさん掲載してもらいたいと、こちらからも要望しました。大手不動産検索ポータルサイトでは、写真が少ないからです。不動産購入を真剣に考えられている方は、もっと写真がみたいはずです。実際には、現物を確認するのですが、それも時間や数に制約がありますし、できることなら、ホームページ上でみたいと思っている方がたくさんいる思います。僕もその一人ですが。
ホームページ制作会社としては、アドバイスやQ&Aといったページを増やすことで、検索エンジン最適化(SEO)への対策にもなるので、できるだけ文章を増やして頂きました。これから物件を入れ替えたり、どんどん更新されることで、地元、京都の皆様へ愛されるホームページに育って行ってもらいたいです。楽しみです。

今回もほんわかできずにすみません。

京都 ホームページ制作 ホピデザイン

Leave a Comment